会社沿革

産興社の会社沿革です

昭和25年2月 広島県福山市三之丸町にて株式会社産興社設立。不動産担保ローン、手形貸付を開始
昭和32年1月 大阪支社開設
昭和34年7月 広島県福山市東桜町に本社屋竣工。本社移転
昭和59年5月 貸金業の規制等に関する法律の施行に伴い貸金業登録
平成元年8月 大阪支社自社ビル竣工
平成5年5月 融資エリアに三重県を追加
平成14年1月 ホームページ開設 インターネットでの融資依頼受付開始
平成19年12月 日本貸金業協会加盟
平成20年7月 融資エリアに福岡県を追加

産興社の歴史

1945年(昭和20年)8月 広島県福山市は大空襲により市街地の8割近くが焼土と化し、甚大な被害を受けました。 同年8月15日の終戦を迎え、市民は空襲による不安から逃れたものの、残されたのは一面の焼け野原だけでした。


行政による復興着手から約5年が経ち、住宅や交通機関の修復は進んでいましたが、未だ経済的な部分での復興は手付かずの状態で、市民の生活は窮迫したままでした。そんな状況の中、金融業によって経済的損害を一刻でも早く回復させようと1950年(昭和25年)2月に創業者(故:栗原 三郎)が興したのが「産興社」の始まりです。
(下画像は、左:焼け野原になった福山城と福山市街地 右:創業当時の看板)

産興社社名の由来

産興社の社名は、「産業を興す人々の支援をする」意味を込めて命名されています。創業以来、長きに渡り、数多くの個人事業者、中小企業の皆様のご支援をさせて頂きました。創業当時の志を持ち続け、未来に繋がる企業を目指し、これからも皆様のご支援をさせて頂きます。

「不動産担保ローンのスペシャリストとしてお客様のご要望にお答えする」 ことを経営理念として、創業1950年以来、不動産担保ローン・不動産担保融資の事業を行ってまいりました。個人のお客様や事業主様、不動産会社様にとって必要な資金ニーズにお応えいたします。
お客様の立場になって考え、また喜ばれることをモットーとしておりますので、どうぞお気軽にご相談下さい。 お客様の不安や疑問などに、納得のいくまでご対応させて頂いております。 ご不明な点やお困りの事がありましたら、専門のスタッフが丁寧に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。