金利だけで大丈夫?

  •  2018年3月26日

本日は「金利だけで大丈夫?」についてご紹介いたします。

一口に不動産担保ローンといっても、不動産担保ローンを提供している会社は、銀行をはじめノンバンクなど様々な金融機関があります。

不動産担保ローンを利用される上で、一番気になるのは、やはり金利ですよね。
誰でも、少しでも、金利が低い方がうれしいものです。

でも、金利が低ければ、それだけで大丈夫ですか?

もちろん金利も契約の重要なポイントですが、期限前解約手数料、契約の更新手数料などの項目も確認が必要です。

不動産担保ローンは、一般的に返済期間を長期で設定します。
例えば、返済期間を10年に設定したとします。5年後にお金の余裕ができたので、一括返済の申し入れをしました。すると、「期限前解約手数料」が必要です。とならないように、契約内容は充分に確認されることをお勧めしています。

また、その逆もしかり。
返済期間に全額返済できない場合だってあるかもしれません。
そんな場合には、契約更新手数料が発生する場合もあり得ます。

金利にばかり目を向けると、「えっ」とビックリする場面があるかもしれませんよ。

契約内容は、契約前に、しっかりと理解しておきましょう。

ローン会社選びに迷ったら

  •  2018年3月19日

本日は「ローン会社選びに迷ったら」についてご紹介いたします。

世間には様々な金融機関、金融商品を取り扱う会社があります。

そのため、お客様は「どこで借りるのが自分たちにとって一番いいのか」と頭を悩ませる場面があると思います。

住宅を建てるなら住宅ローン、子供の教育費なら学資ローンと目的に合わせた商品名を謳う金融商品を選ぶのがいいように思ってしまいがちですが、実際のところ細かく見ていくと、もっと効率のいい借り方があることも少なくありません。

資産となる不動産をお持ちであれば、不動産担保ローンも選択肢に入ってくるのではないでしょうか。

不動産担保ローンは、担保とした不動産をそのまま利用できます。
資産を失うことなく融資を受けられるというのが不動産担保ローンの大きなメリットです。
融資が必要で、どこで借りるのが自分たちにとって一番いいのか迷ったときには、不動産担保ローンも検討してみてください。

不動産担保ローンは、資金使途・長期返済・短期返済・業種を問わずご利用いただけます。

起業・開業・創業へ向けた資金集めの手段

  •  2018年3月12日

本日は「起業・開業・創業へ向けた資金集めの手段」についてご紹介いたします。

不動産担保ローンがお役に立てるシーンのひとつとして、起業・開業・創業に向けた資金調達の場面があるのではないでしょうか。

一念発起してさあ起業へ!という時に、まず立ちはだかるのが資金調達の壁です。
どんなに自信のある商品やサービスであっても、起業の段階ではまだ実績がありません。

銀行などの金融機関では、融資の判断ポイントとして実績を重視する傾向にあるようで、起業目的での融資は厳しいといわれています。

不動産担保ローンの場合ですと、お客様の信用力に不動産の価値を勘案する総合的な審査となりますので、銀行などの金融機関に比べ、審査が進んで行く可能性が高まります。
起業・開業・創業資金の調達方法として、ご検討いただけるのではないでしょうか。

ビジネスチャンスは、スピードが命。
スピーディーな融資で、お客様のビジネスチャンスを成功へと導きます。

利用し続けながらも融資が可能

  •  2018年3月5日

本日は「利用し続けながらも融資が可能」についてご紹介いたします。

不動産担保ローンの大きな特徴のひとつとして、担保にした不動産はそのまま利用できるというものがあります。

例えば、自宅を担保として融資を受けた場合にも、そのまま自宅に住み続けることができるため、毎月の返済がある他は、日常生活に大きな違いはないのではないでしょうか。

また、土地や建物などの不動産をたくさんお持ちの方の場合には、遊ばせている土地を資金に変えて、資産運用にあてるといった方法も、不動産担保ローンの利用のひとつかもしれませんね。

景気の高騰や、近くに駅が出来る、道路が拡張される などのことが起こらない限り、不動産はそのままにしておいても価値が上がるということはありませんが、不動産を活用した資金調達で資産運用の幅は広がりますね。