抵当権・根抵当権について

不動産に設定する担保権にはいくつかの種類があり、一般的なものに抵当権や根抵当権があります。

抵当権とは、特定の債権を保全するための担保権で、債務者または担保提供者が提供した担保の占有を債権者(貸主)に移さず、それを利用・収益させながら、もし返済がされない場合には、担保を競売し、その代金により、返済を受ける権利のことです。土地、建物に利用され、登記されます。

根抵当権とは、不特定の債権を、極度額を限度として担保するために設定されるもの。

抵当権と同様、それを利用・収益させながら、もし返済がされない場合は、担保を競売し、その代金により、返済を受ける権利のことで、土地、建物に利用され、登記されます。

抵当権は特定の債権を保全するだけなのに対し、根抵当権の特徴は、繰り返し利用できる事です。継続して借入や返済を繰り返す場合には、根抵当権を設定しておいた方が便利ですね。

抵当権や根抵当権は、担保にした土地や建物をそのまま利用できるメリットがあるので、月極駐車場として利用しながら、借家として貸したまま、又はご自宅に住まいながら融資を受ける事も可能です。