担保になる土地の資産価値とは

資産としての価値や信頼度が非常に高く、二つとして同じ物がない不動産は地域性によって価値が流動します。

不動産は、その対象となる不動産だけではなく、周辺の他の不動産と関係をつくり影響しあうことで価値が変動してゆくという特徴があります。

有名なパン屋さんが出来て、その近くにある駐車場の利用率が上がるなど、ある不動産が他の不動産に働きかけることで、一定の地域をつくることに繋がっていきます。店舗でなくとも、工場ができれば周辺にその部品を扱う問屋ができて自然と工場が集まる地域ができあがったりと、地域ごとにいろいろな特徴をもつようになります。

店舗の集まる商業地区や、住宅があつまる住宅地区、古い家屋を改装したカフェや雑貨店が集まる地域なども想像しやすいかと思います。

こういった不動産の地域性も将来と見通した不動産の査定に多少なりとも関わってきます。