無担保融資と不動産担保融資

お金を貸す立場の場合の話です。

見知らぬ人にお金を貸す、という時に「もし返してもらえなかったらどうしよう」と考えるのは普通のことですよね。

無担保で融資して、まさかの際にはお金が返って来ない。

これは大変なことです。

金融機関はお金を貸して、それを利息付きで返済してくれることによって利益を得ています。

そのため、返済してもらわなければその分はまるごと赤字になってしまうんです。

基本的には小額のお金を借りる時などは無担保ローンの方が良いという話を聞きますが、無担保ローンでは金利が高めになることが多いのが現状です。

ほんの小額でしたら無担保ローンで借りて一度の返済で済ませれば問題ないのですが、借りては返済、借りては返済を繰り返すと、元金が減らずに金利だけを払い続けることに。

これではいつまでたっても完済できません。

無理なく返済をするにはやはり低金利での借り入れと計画性がとても重要だと言えます。

そんな時には不動産担保ローン。

低金利で長期の契約が可能です。