無担保融資と不動産担保融資

お金を貸す立場の場合の話です。

見知らぬ人にお金を貸す、という時に「もし返してもらえなかったらどうしよう」と考えるのは普通のことですよね。

無担保で融資して、まさかの際にはお金が返って来ない。

これは大変なことです。

金融機関はお金を貸して、それを利息付きで返済してくれることによって利益を得ています。

そのため、返済してもらわなければその分はまるごと赤字になってしまうんです。

基本的には小額のお金を借りる時などは無担保ローンの方が良いという話を聞きますが、無担保ローンでは金利が高めになることが多いのが現状です。

ほんの小額でしたら無担保ローンで借りて一度の返済で済ませれば問題ないのですが、借りては返済、借りては返済を繰り返すと、元金が減らずに金利だけを払い続けることに。

これではいつまでたっても完済できません。

無理なく返済をするにはやはり低金利での借り入れと計画性がとても重要だと言えます。

そんな時には不動産担保ローン。

低金利で長期の契約が可能です。

担保になる土地の資産価値とは

資産としての価値や信頼度が非常に高く、二つとして同じ物がない不動産は地域性によって価値が流動します。

不動産は、その対象となる不動産だけではなく、周辺の他の不動産と関係をつくり影響しあうことで価値が変動してゆくという特徴があります。

有名なパン屋さんが出来て、その近くにある駐車場の利用率が上がるなど、ある不動産が他の不動産に働きかけることで、一定の地域をつくることに繋がっていきます。店舗でなくとも、工場ができれば周辺にその部品を扱う問屋ができて自然と工場が集まる地域ができあがったりと、地域ごとにいろいろな特徴をもつようになります。

店舗の集まる商業地区や、住宅があつまる住宅地区、古い家屋を改装したカフェや雑貨店が集まる地域なども想像しやすいかと思います。

こういった不動産の地域性も将来と見通した不動産の査定に多少なりとも関わってきます。

教育ローンと不動産担保ローン

『教育ローン』はお子様の教育資金を確保するためには大切なローンです。

例えば大学進学。

試験合格。

そうなると、入学金、授業料、施設設備費、諸会費などなど大学に納める費用があります。

また、下宿先も必要など大学進学にはまとまったお金が必要になります。

入学金を期日までに納めないと、入学を取り消されることも。

お子様が志望大学を合格するために一生懸命勉強したのに…。

なんとかしたい!

資金使途を問わない不動産担保ローンは教育ローンにもご利用いただけます。

不動産担保ローンではどういう審査をするのか

不動産担保ローンは、不動産があれば絶対にお金を借りる事ができる訳ではありません。

不動産担保ローンではどういう審査をするのか?

まず、不動産担保ローンを申し込むと、融資をして良いかの審査をします。

このとき最も重視されるのは、融資したお金をきちんと返済していただけるかどうかです。

いわゆる返済能力調査といい、現在の借入状況の確認や収入の確認等を行います。

不動産をお持ちであっても返済能力のない方への融資はできないルールとなっています。

もちろん担保としてお預かりする不動産の調査も行い、不動産評価と貸金業法上の問題が全てクリアになった場合にのみ融資が可能に。クリアするハードルが高い為、無担保融資に比べて金利が安い傾向にあるようです。

不動産担保ローンと資金使途

不動産担保ローンのメリットのひとつは資金使途が広いことです。

ここが、住宅ローンやマイカーローンとは大きく違う点です。

不動産担保ローンの場合、資金使途が限定されていませんので、いろいろな用途にご利用いただけます。

例えば納税資金。

金融機関によっては、滞納による納税資金融資には対応できないケースもあるようですが、不動産担保ローンならお役に立てる可能性があります。

また、過去に自己破産や債務整理をした方、リスケ中の方への融資にも消極的な金融機関もあるようです。

そんな時は、不動産担保ローンをご検討下さい。

不動産担保ローンなら柔軟な対応が可能です。

抵当権・根抵当権について

不動産に設定する担保権にはいくつかの種類があり、一般的なものに抵当権や根抵当権があります。

抵当権とは、特定の債権を保全するための担保権で、債務者または担保提供者が提供した担保の占有を債権者(貸主)に移さず、それを利用・収益させながら、もし返済がされない場合には、担保を競売し、その代金により、返済を受ける権利のことです。土地、建物に利用され、登記されます。

根抵当権とは、不特定の債権を、極度額を限度として担保するために設定されるもの。

抵当権と同様、それを利用・収益させながら、もし返済がされない場合は、担保を競売し、その代金により、返済を受ける権利のことで、土地、建物に利用され、登記されます。

抵当権は特定の債権を保全するだけなのに対し、根抵当権の特徴は、繰り返し利用できる事です。継続して借入や返済を繰り返す場合には、根抵当権を設定しておいた方が便利ですね。

抵当権や根抵当権は、担保にした土地や建物をそのまま利用できるメリットがあるので、月極駐車場として利用しながら、借家として貸したまま、又はご自宅に住まいながら融資を受ける事も可能です。

日本貸金業協会のこと

日本貸金業協会は、貸金業界の自主規制機能を抜本的に強化するために旧制度の貸金業協会を廃止し、「資金需要者等の利益の保護を図り、貸金業の適正な運営に資すること」を目的とする業法上の認可法人として平成19年12月に設立されました。

設立以降、我々協会員に対しても第1段階から第4段階からなる改正貸金業法への段階的施行の対応支援を始め、完全施行後においても様々な課題解決に向けた取り組みや健全化が進んだ貸金業界を積極的に広報され、その社会的地位の向上に取り組んで来られました。

そんな日本貸金業協会のシンボルマークは、「譲り葉」です。花言葉「新生」。

「今まで築き上げてきたものを大切にしながら新しく発展していく協会でありたい」という思いが込められているそうです。

日本貸金業協会の会員のお店には、「譲り葉」のステッカーが貼ってあります。

このシンボルマークの「譲り葉」が安心・安全の目印。として定着しつつあるようですが、このマークを使用しているお店は、登録貸金業者の62%位だとか。残りの38%位の貸金業者は、日本貸金業協会の会員ではない。ということですが、日本貸金業協会の会員で「譲り葉」のマークがあるお店は、安心で信頼できます!

経営者様 不動産担保ローンで運転資金を調達

インターネット通販サイト大手のアマゾンや大型量販店などの影響受け、各中小企業では苦戦を強いられている現状があるそうです。

消費者の買い控えなどの影響を受けやすい小売店などは売り上げが安定せず、困難な道になっていることもあると耳にします。

そうなってくると資金繰りも厳しくなり、最悪の場合、従業員に給料を支払うことすら出来ない状況になることも・・・・・

そうならないためにも、早め早めに手を打ちたいものです。

そんな時には不動産担保ローン。

不動産担保ローンは運転資金にも活用できます。実際に多くの経営者様が、運転資金にするためにと不動産担保ローンを利用されるケースはたくさんあります。

不動産担保ローンは、長期の運転資金をご融資することも可能です。

経営者様のお悩みや課題の解決には、不動産担保ローンをご検討ください。

長期期間の借り入れが可能な不動産担保

■ 長期期間の借り入れが可能な不動産担保

高額融資がご希望であれば、不動産担保ローンに狙いを定めると良いでしょう。

不動産担保ローンの特徴は、低金利・高額融資・長期の借り入れ。

高額な借り入れの場合には、返済期間が短ければ短いほど毎月の負担が大きくなるばかり。

毎月の負担を低減させるには、返済期間を長くすることが一番です。長い場合では10年、20年というご利用期間を予定する場合もあります。長いと、返済計画を立てやすくなるでしょう。

ところで、不動産担保ローンを利用するに当たり、契約先となる会社の検討には十分な時間を割かねばなりません。

融資金が高額である上、不動産を担保とするため、悪用されることがあってはならないからです。

悪徳業者を排除するためには、行政から割り当てられる登録番号を確認するといった配慮が必要です。安心してご利用になれるよう、検討時間はしっかりと確保したいものです。

リフォームをしたいので資金調達を

■ リフォームをしたいので資金調達を

古くなって傷んできた住まいをリフォームするには多額な資金が必要です。

壁紙の張り替え程度なら少ない予算で済みますが、部屋の間取りを替えるような大規模なリフォームを行うと大きな予算を準備しないといけません。

しかし銀行から融資を受けようとしたら、多額な資金の融資だけに審査や融資までの時間がかかると言われています。

そんなリフォーム資金の調達にもご利用いただけるのが不動産担保ローン。

所有している不動産を担保に、多額なリフォーム資金の融資でもスピーディーに受けられるのがメリットです。

マイホームを購入する際、中古一戸建てを購入してリフォームすると言う方も多いでしょうが、そんなときのリフォーム資金にも便利にご利用いただけます。

1 2 3