使用用途が広いという魅力



本日は「使用用途が広いという魅力」についてご紹介いたします。

本日は 「使用用途が広いという魅力」についてご紹介いたします。

不動産担保ローンの大きなメリットのひとつに、使用用途が広いことが挙げられます。
住宅ローンやマイカー購入のためのオートローンとは大きく違う部分です。

リフォーム資金やお子さまの教育資金、事業での設備投資資金や運転資金が必要な場面、さまざまな場面で不動産担保ローンはお役に立つことができます。
法人・個人事業主・個人を問わず、すべてのお客様に安心してご利用いただけるように、多様なマネープランでバックアップ!

勤続年数が短い方、契約社員・派遣社員の方、住宅ローンをお支払中の方、税金の滞納がある方も審査を進めることが可能です。

専門のスタッフが・

スピーディーな審査と・

スピーディーな融資で・

お客様をサポートします!

不動産担保ローン審査の例



本日は「不動産担保ローン審査の例」についてご紹介いたします。

本日は 「不動産担保ローン審査の例」についてご紹介いたします。

不動産担保ローンは、銀行の融資審査と異なり、これから起業する方、赤字決算の方、事業を開始したばかりで実績が少ない方、また、税金を滞納されている方も審査を進めることができます。

審査の項目はいくつかの条件があります。例えば不動産価値についてのチェックもその1つです。さらに融資にあたっては返済の条件も確認事項になります。
法人・個人事業主の方には、事業年数や決算の内容、今後の事業計画をお聞きします。

個人の方には、勤続年数や年収等を確認させて頂きます。

不動産担保ローンは、無担保ローンに比べると低金利。

不動産担保ローンは、返済期間を中・長期で組むことが可能。

だから、余裕を持った返済ができます。

不動産担保ローンは、個人から個人事業主・法人まで、お客様のニーズに幅広く対応!お客様の状況にあった最適なプランで、お客様の問題を解決します。

不動産担保ローン審査

本日は「不動産担保ローン審査」についてご紹介いたします。

不動産担保ローンの審査は、年齢や職業などの属性、過去の借入情報などの信用情報の審査(=信用力)と、担保となる不動産の価値評価という二つから構成されています。

信用情報審査(=信用力)は大変重要な審査です。不動産担保ローンの場合は、借りる方の信用力と不動産の価値評価を勘案する総合的な審査となるため、比較的高額なお借り入れが可能となります。さらに、不動産担保ローンは使用用途が広いため、住宅ローンやマイカーローンとは違い、お客様のニーズに合わせた資金使途に十分に対応可能であると考えております。

担保となる不動産は、戸建住宅・住居用マンションはもちろん一棟物のマンション・オフィスビル・飲食店ビルなどの収益不動産や月極駐車場等 あらゆる不動産に対応しています。

お客様の希望をかなえ、
お客様の悩みを解決できるプランの提供で、
お客様に安心をお届けします。

いざというときには不動産担保ローン

本日は 「いざというときには不動産担保ローン」についてご紹介いたします。

事業を経営していくにあたり、いつでも順調な経営状態とは限らないものです。
赤字にはならないものの、余裕のない時期もあるかもしれません。

そんな場合の資金繰りにお役に立てるのが不動産担保ローンです。
短期間でまとまった資金調達が可能ですので、資金繰りの不安を一気に解消してくれます。

また、担保不動産の名義はご本人様以外でも大丈夫です。
ご家族が所有されている不動産も活用していただけます。

1 2 3 4