不動産担保ローンのチェックポイント

銀行やノンバンクが取り扱う不動産担保ローンには、それぞれに特徴があります。

各金融機関の特化している所をチェックすることによって、より有利な条件での融資を利用することが可能になりますので、各金融機関の融資条件をチェックすることは非常に大事なポイントになります。

各金融機関の不動産担保ローンを比較したときに、

A銀行は、金利は安いが希望する金額を出してくれない。融資実行までにも1ヶ月位
かかる。

B銀行は、金利も安いし希望する金額も出してくれるが、保証人を要求される。

C会社は、金利は高いが希望する金額を出してくれる。融資実行まで1週間だが、長
期での契約ができない。

D会社は、金利は一番高いが希望する金額を出してくれ、スピード融資。長期での契
約も可能。

などなど、各金融機関によって融資条件は違ってくると思います。

そこで、お客さまご自身が現状をしっかりと認識されることが重要になってきます。

お客様にとって最も重要なポイントは何なのか?

○金利なのか?

○融資金額なのか?

○長期利用なのか?

○スピードなのか?

ご自身の状況を見つめ直してください。

きっと、お客様の悩みを解決できるプランがあります!

日本貸金業協会のこと

日本貸金業協会は、貸金業界の自主規制機能を抜本的に強化するために旧制度の貸金業協会を廃止し、「資金需要者等の利益の保護を図り、貸金業の適正な運営に資すること」を目的とする業法上の認可法人として平成19年12月に設立されました。

設立以降、我々協会員に対しても第1段階から第4段階からなる改正貸金業法への段階的施行の対応支援を始め、完全施行後においても様々な課題解決に向けた取り組みや健全化が進んだ貸金業界を積極的に広報され、その社会的地位の向上に取り組んで来られました。

そんな日本貸金業協会のシンボルマークは、「譲り葉」です。花言葉「新生」。

「今まで築き上げてきたものを大切にしながら新しく発展していく協会でありたい」という思いが込められているそうです。

日本貸金業協会の会員のお店には、「譲り葉」のステッカーが貼ってあります。

このシンボルマークの「譲り葉」が安心・安全の目印。として定着しつつあるようですが、このマークを使用しているお店は、登録貸金業者の62%位だとか。残りの38%位の貸金業者は、日本貸金業協会の会員ではない。ということですが、日本貸金業協会の会員で「譲り葉」のマークがあるお店は、安心で信頼できます!